初登壇してきました!

KIDDING KID

こんにちは、かとまさです。

皆さんは元気に過ごしていますか?

僕は糖尿病のおかげでカロリー制限をしなくてはならず、毎日がとても苦痛で鬱が加速して、1か月以上何も手を付けることができていません。

皆さんも体調には気を付けてください。

さて、今週はQiitaのまとめを上げようと思ったのですが、そんなこんなで精神面の調子が悪くて何も活動ができていないのと、先週ミートアップで初LT登壇してきたということで、今週はそのLT登壇してきた時の話をしたいと思います。

講演概要

参加したイベントはこちらです。

Docker Meetup Tokyo #31 (初心者歓迎LT祭り+KubeConCN報告)

発表資料はこちらです。

発表内容はdocker-composeを使ってみた感想という緩い内容になっています。

こんなゆるいLTを許可して頂いた運営さんありがとうございます!

内容について

内容はdocker-composeで開発環境を構築しての開発、そして本番環境にデプロイしてみた経験を通じて感じた、docker-composeの利点と不満点についてまとめた内容になっています。

ざっくりまとめると以下の5点になります。

  • 開発環境の構築が容易で軽快
  • 開発環境の管理がとても楽
  • シングルノードの環境ならば開発環境と同じように本番環境が構築できる
  • 冗長性や耐障害性が低いので実際の運用は難しそう
  • 開発環境で使う分にはとてもいいからどんどん使おうぜ!

登壇した感想

外部での登壇は初めてだったので、とても緊張しました!

他の人の発表内容が技術的な内容でしっかりしたものに対して、自分の発表内容は技術的な内容が全くなかったので、大丈夫かなと不安でした。

特に前の発表者の方の発表がとてもウケていたのがプレッシャーになってました(笑)

無事ウケは取れたので安心しました!

冗談は置いておいて

発表資料を作る際に改めて基礎を復習したことで、ぼんやり記憶していたものをしっかり再学習できたり、発表することで自分に自信がついて、2日ほどでしたがやる気が出るなどいいことがありました!

皆さんも機会があればどんどん登壇していきましょう!

今後について

今回は、スライドにも書きましたが調子の問題もあり時間が取れず、Vagrant+Ansibleなどといった環境構築ツールとの比較など、他ツールではなくDockerを使うメリットとかを上げられなかったので、次回同じような内容で発表する場合は、こういったことを盛り込みたいと思います。

他にも、ミートアップでDocker Swarmを使ってみてはと勧められたのでDocker Swarmを試したりとか、kubernetesについても発表していきたいなと思っています。

まとめると以下のような感じです。

  • 他環境ツールとDockerの比較
  • Docker Swarmでコンテナオーケストレーションを試す
  • kubernetesについて同じように使ってみた感想

こんな感じの発表をしていけたらいいなと考えてます。

他にも何か試してみたこととか勉強したことをQiitaや登壇などで共有していけたらと思っています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました